×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビジネス挨拶文

ビジネスで使う挨拶文の文書とはいえ基本的には個人で扱う文書と大差はありませんが、しかしビジネスにおけるマナーをさておいてはいけません、つまり個人的に親しい間柄であったも、ビジネスで使う挨拶文書は会社を代表している文書ですから、あまりにもくだけた文書ではビジネスマナーを逸脱させてしまいます。しっかりとしたビジネス文書を拾得してください。それによってよりスムーズなビジネスチャンスが生まれるでしょう。

ビジネス挨拶文の基本

1、正確さが何より大切ですね、ビジネスの挨拶文は適材適所ともいいます、メール挨拶文においてもしかりです、つまり創立記念のための挨拶文のような場合、また歓送迎会のための挨拶文のように日付や時間・場所がきちんと明確でなければいけませんし、また曖昧な文書では取引関係とのトラブルにもつながりますから、ここはしっかりした文書が必要になります。 2,シンプルイズベストでしょうか、つまり余計なことは書かないムダを省け、解りやすく基本がぶれないような文書が求められます。 3,礼儀正しい文書を心がける、つまりいくら親しい間柄であってもまた正確かつ簡素明快なビジネス挨拶文であっても失礼な印象があってはいけません。 4、企業の代表というつもりで書きましょう 5,そして情熱と誠意も兼ねそろえて書いてくださいね。誠実な文書はきっと相手に伝わりますから、手紙ぐらいなんて思わないでその手紙があなたを救う場合もあります。

ビジネス挨拶文の書き方と注意点

1,ビジネス文書の目的とテーマを意識する、方向違の文書や、自分も相手方もいまいちはっきり解らない、つまるところ焦点が定まらない文書ではどうしようもありませんね。 2、一文書一件を原則とします、これも当然で、一文書の数件の案件を書き添えても失礼極まりない場合もありますし、それよりもそれぞれも案件印象が薄れ、忘れられてしまう場合もある、また会社の事務的な文書整理にも問題が出てきます。 3,6W1Hを満たすつまり・いつ・どこで・だれが・だれに・なぜ・なにを、そしてどのようにです。 4,ワン・センテンスは短めに、ビジネス文書は明確が命ですからこれも気をつけたいところですね。 5,句読点をうまく使う、また箇条書きの方が解りやすい時もありますし、また重要なことは構成様式や書式の定型スタイルはしっかり守ってください、ビジネス挨拶文に限らず基本スタイルはよく覚えておきましょう。下記にビジネス挨拶文の文例のサイトを参照してくださいね。